低利で借りるには|審査の必要がないトラベルプリペイドカード|急に旅行が決まった人へ

審査の必要がないトラベルプリペイドカード|急に旅行が決まった人へ

低利で借りるには

相談

銀行カードローンが有利

お金を借りたら利息を付けて返さなければならないです。その利息の金額は、金利よって決まりますのでなるべく低いほうが負担する利息も少なくなります。低利のキャッシング・カードローンを選ぶのであれば銀行のローンになります。キャッシングの金利は、消費者金融だとほとんどが18%近いのですが銀行で取り扱うローンは高くて14.9%です。低い限度額を利用しても15%を超えるキャッシングローンはありませんので、借りるのであれが銀行のほうが有利といえます。また、総量規制の適用を受けないローンですので、大きい限度額を希望であれば銀行カードローンになります。ただし、手続きには来店が必要になるケースもありスピード融資なら消費者金融です。

引き下げてもらう

キャッシングの金利ですが、これは限度額に応じて決まります。契約する限度額が大きければ大きいほど低金利となります。また、限度額は一度契約した金額がずっとそのままではなく、増額をすることができます。審査の結果次第とはなりますが、限度額増額をすることができれば併せて金利を引き下げてもらうことができます。注意しなければならない点として、銀行のカードローンは固定金利と変動金利があります。変動型でのローン契約だと定期的に金利が変更になることがあります。金利が上がることもあれば下がることもあります。固定型の場合は、一度契約した金利から上がることはありませんので、変動型で契約する場合にはその点に注意することです。